給料ファクタリングと前借り制度の比較

給料ファクタリングは、企業や店舗から受取る給与を債権として設定し、給与債権をファクタリング事業者が買い取る形で、給与支給日前に現金化する手法です。

申込者は給与を受け取った後、速やかにファクタリング事業者に送金し、一連の取引が完了します。

前借り制度

給与支給日までにお金を使い切ってしまい、生活費もままならないという従業員を対象とした、前借りという制度が、企業によっては存在します。

主に個人経営の店舗や企業にて、従業員が経営者に相談する形で、2万円~3万円ほど融通する制度です。

給与支給日には、前借り分を差し引いた金額が、従業員に支給される形です。仮に手取り20万円の給与の場合、20万円-2万円=18万円となります。

前借りは、従業員と経営者との間で行われ、あくまでも給与の前渡金であり、金利や手数料などは当然、発生しません。

ただし、あまり頻繁に繰り返していると、「もっと計画的に使いなさい」「貯金をしなさい」と小言のひとつふたつを頂くまでがセットになります。もっとも、「言われているうちが華」でもあるのですが。

給料ファクタリングと前借り制度の比較

前借り制度は経営者視点で拡大解釈した場合、福利厚生の一環とも言えるかもしれません。

一方、給料ファクタリングは、申込者とファクタリング事業者との間で行われる取引です。

給与支給日前に、7万円を給与ファクタリング事業者から入金を受け、給与支給日に10万円を支払う形で契約を締結。10万円-7万円=3万円は、手数料という形でファクタリング事業者の利益となります。